スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大投資戦 in ウィスビー

こんにちわ。リックです。


昨夜は、大投資戦がバルト海のウィスビーで発生いたしました。
インドに17時ころ到着したのですが、急遽、戻ることになりました。

20時からすぐに戻るも、リスボン沖に入ったのは、21時をすぎておりました。

バルト海と言えば、”イングランドの庭”です。
イングランドが誇るPKK艦隊が出迎えてくるのは、覚悟の上ですが、やはり、
せっかく、バルト海という場所で発生した投資戦です。
欧州も近い、この地で、他にも駆けつけてくれる軍人・海賊も多数いることを信じて、
突っ込みました!

コペンより南下したところで、イングの先鋒部隊と交戦!
こちらは、5人、あちらは3人だったと思います。
先を急ぐために、撤退。

こちらは、ラロワ(移動用装備)だったのですが、前を進む度に、伏兵が現れます。

交戦・・・

勝利!

交戦・・・

撤退。

交戦・・・

撤退。

交戦・・・

勝利!

と、こんな感じで、ようやくバルト海に侵入しました。


入った瞬間。総勢20名はいたと思います。
本当であれば、ウィスビーではなく、ダンツヒを目指しておりましたが、
見事に、誘導されていましたね。

あっと言う間に、包囲されてしまいました。
そして撃沈!

時刻は、22時半くらいだったと記憶しております。

仲間も、すべて撃沈されました。
2ヶ月ぶりの×を付けられました。

いや、圧巻と言うべきでしょうか。
見事なまでの包囲網でした。


そして、23時半ころ、対人禁止が取れたので、一撃でもしてやろう!っと思い、
レナスと出撃するも、あえなく撃沈いたしました。
商人の方が、援軍を呼ぶとは・・・
さすが、細かいところまで、作戦が行き届いておりますね。
見事でした。


今回、PAは完敗でした。

なぜ、このようなに多くのイング軍人がいるにも関わらず、
インド、アジア方面で相手をするのは、わずか2、3名の方だけです。

また、公言していいかわかりませんが、イングの有名な海賊さん達は、
次々と実践の引退を表明しております。
今後は、ネタ海賊、模擬海賊になるようです。

方針を変更されることを、望んでおります。
海賊のいない海など、なんの魅力がありましょう。
ポルトガルを鍛えてくれたのは、紛れもなく、イングの海賊の存在であったと思っております。



ともあれ、もはや、ノトスにおける悪名高き私掠海賊は、徐々に数を減らしております。
残念な限りです。
世界を盛り上げ、相手の感情に、興奮と恐怖を与えられるのは、海賊しかおりません。
個人により価値観は、違いますが、私は、そう思っております。

大航海時代オンラインで、海を航海する際に、海賊がいなければ、どれほど暇か。
KOEIさんには、今一度、システムの内容を考え直していただきたいものです。










スポンサーサイト

カナリアでの決闘!

こんにちわ。リックです。


19日と20日は、商会イベントに全力を注いでおりました。

19日は、商会メンバー内の結婚式。
20日は、商会模擬です。

19日は、結婚式といいつつ、カナリアでガチの決闘になりましたw
結果、無敗!
ポルの赤ネの方も、参戦していただきまして、大いに盛り上りました。

また、商会模擬ですが、これは定期的に行われておりますが、
商会発足当時は、戦列に乗れるメンバーは、2名のみでしたが、
現在、12名が戦列乗りになり、各自、スキルも腕も磨かれてて、感無量です。

今後も、更なるLvアップをして、全員が一歩前進できるような指揮を執って参りたいと思います。

参加された方、おつかれ様でした。


さて、今後の活動ですが、金曜は、リスボンで勧誘活動を行います。
入団希望者は、TELLをください。
土曜は、ポルトガル模擬へ参加です。


インドでの活動

こんにちわ。リックです。


先日より、インドで活動しております。

活動結果は、3日の活動期間で、7M程度の利益でした。
被害は、0です。

主だった戦闘として、
2名のPKK初心者?(一人は、慣れておりましたが)の方が、襲撃してきました。
海軍紙を連打されましたが、撤退及び襲撃を繰り返し、
紙を消費させることに成功。
また、最終的には、2名とも撃沈させ、勝利を収めることが出来ました。

敵ではありますが、こうした軍人さん達の頑張りを、
冒険家、商人の方は、理解してもらいたいですね。
交戦している間は、PK被害は出ませんので、協力体制を強化されたら、
海賊は、商売上がったりです。

ともあれ、楽しい戦闘でした。


収奪市も好調で、価格設定を少々下げさせていただきました。
メイン帆に関しては、以前は、耐久MAX以上は、2M程度でしたが、
これを1.5Mにしたら、即完売でしたね。
今後も、均衡点を探りつつ、収奪バザーを開催してまいります。







タイマンの世界

こんにちわ。リックです。


すでに一昨日のことですが、久しぶりに、タイマン大会?みたいなものをファロ前で行っておりました。
海賊や軍人は、実践において艦隊模擬も重要な訓練ですが、もう一つ重要なのは、タイマンの練習だと思います。
私は、海賊ですので、海賊の戦闘経験からしか述べられませんが、
戦闘パターンとして、タイマンが、まず一番多いパターンです。
次に、1v2、1v3、1v4ってのもありました。2v2や2v3も、ありますね。
また、最近では、海軍紙を連打されるので、状況判断が重要だと思います。

ともあれ、練習と人材育成を兼ねて、イベント的(勝手になってた?)なことを、
PAメンバー有志と、フレの興味のある人を集めて、行っておりました。

タイマンで重要なことは、ご周知の通り、作業量です。
いかに相手に、作業を与え、いかに自分が作業をこなすかです。

混乱、浸水、帆破壊、舵破壊などは、常に意識して、即時に直しましょう。
これは、艦隊戦でも同じことですが、誰かが支援してくれる訳ではありません。
全てが、自分の支援力にかかってる訳ですね。
また、修理と外科も重要です。基礎部分となるので、常に意識しましょう。
そして、重要なのが、機雷の使い方です。機雷は、1個巻くと、弾薬を1使います。
よって、最初から巻きまくって、相手に機雷発見でも使われたら、持久戦になった時、後悔しますw
でも、巻かずにいると、相手の作業量も増えませんし、資材も温存されますので、微妙なところでしょう。
接近戦になったら、使うといいと思います。
最後に肝心なのは、白兵戦です。
艦隊戦では、白兵は、あくまで相手を落とす為の道具になっておりますが、
タイマンだと、外科支援などする人は、当然おりませんw
よって、白兵ジャンケンの心理戦も重要になってきます。
また、相手の船の耐久次第では、アイテムを使って、耐久を0にして拿捕ることも可能です。
ここは、相手の撤退運にも絡みますので、勝負どころです!

まぁ、タイマンはそんな感じでしょうか。

とにかくこんな事を話しつつ、練習しておりました。


しばらく経つと、ヴェネのガレオン船が浮いてました。
以前、戦ったことのある、ヴェネの有名なPKKさん
その名も、『シバコー』さんでした。
カナリア沖では、何度と無く、砲弾を当てあい、白兵戦を行った人です。
常にプラベ設定で、交戦の瞬間に、プラベ解除をして、相手に気付かれないように迫ってきます。
私も、3度撃沈された記憶があります。

どうやらレナスが撃沈された模様ですので、ここは仇を!!
っと思い出港ー!
当然のように襲ってきました。

結果、拿捕で勝利を収めることができました。
久々に戦う相手は、やはり緊張感いっぱいですね。
この緊張感が、たまりませんw
休止されていたのでしょうか、以前とは、少々違った感触でしたね。


そんな特別ゲスト?さんも登場しながら、タイマン大会でしたw
たとえ、模擬中に、襲撃されても、文句は言いません。
海賊ですので、襲われて当然ですしね。
ぜひ、みなさんもタイマン戦で、己の力を試してみてください!


※タイマン模擬の注意点
タイマンの痛いところは、耐久回復を同時並行で出来ないことです。
終了時間を決めて、艦隊を組んで、回復しないといけませんので、やる際は、ご注意ください。

海賊の目線

こんばんわ。リックです。


初期サーバー3つの中で、一番平穏だと言われているノトスですが、
最近、フレや商会のメンバーから、海賊が最近多いなぁ~っなんて聞きます
いい傾向だと、個人的に思っております。

ぜひ、PKKの人がいっぱい出てくることを願います。
模擬で鍛えた腕を、披露していただきたいです。

現状、イング私掠海賊は、地に落ちておりますし、
それは、ログアウト逃げ(洋上でのログアウトに限る:以下ログアウター)が、
作戦の一部になっていると見受けられることです。
このまま、ノトスのPKの質が落ちることが、
なにより同種のPKにとっても、打撃となります。

PKが、そんなもんなのか、と思われたら、最悪ですね。
私は、この行為を批判します。

そもそも、なぜログアウト逃げが、ダメなのか?ですが、
少々、海賊の目線から、書いてみたいと思います。

そもそも、ログアウトとは、戦闘範囲に相手が入る前に、ログアウトをして、ゲームを中断することです。
PKKが、PKを狙っている場合、PKKの士気低下につながります。(かなりガッカリな行為です)
PKが商人を狙っている場合、PKの士気低下につながります。(いつもの事ですが、少しガッカリします)
まぁ、上納品がある時点で、商人には、あまり関係ないのかもしれませんが。

結果、実践より模擬がおもしろい!に繋がります。
海賊退治よりも、模擬になってしまうわけです。
略奪よりも、模擬になってしまう訳です。
確かに面白いけど、では、大航海時代ってエッセンスは、
どこに残ってるんだろう?って思います。
模擬は、必要です。ただ、ずっと模擬をやっていたら、
何のゲーム?ってなりますね。
まぁ、それは別の話ですが、ログアウト逃げが、模擬に走らせる要因であるといいたいのです。
決して、模擬を否定している訳ではありません。
私も、模擬は、大好きですしね。

ともあれ、大航海時代ならではの、冒険があり、交易があり、海賊がいて、軍人がいる。
個人の選択で、それぞれの役割をRPするわけですが、過去の海賊RPからしてみたら、
かなりマゾイ仕様になっているらしいですが、私は、まだ楽しめる範囲内だと思っております。


1時間PKKして、ようやく出会えたPKに、ログアウト逃げされる気持ちを、
ログアウターは、ぜひ、味わうといいと思います。
3時間PKして、ようやく出会えた商人に、ログアウト逃げされる気持ちを、
ログアウターは、ぜひ、味わうといいと思います。
もし、自分が過去にログアウト逃げを喰らい、こういうのも有りだなぁって思ってたら、
ぜひ、次の連鎖を止めるために、自分から、辞めていただきたいと切に願います。


新人の海賊さん達を、凹ませる方法として、ログアウトなどしないで欲しいです。
逆もしかりです。海賊になる以上、どんなことをされても凹まない覚悟が大事です。(仕様の範囲内ですが。)
そんなに負けるのがイヤなら、白ネで安全海域にいろ!と言いたいです。


私は、DOLが大好きですので、質を落としたくないと思い、
こんなことを書いてみました。

さぁ、イングランドの軍人どもよ・・・PAの私掠海賊集団が相手をしてやろう!
洋上ログアウト逃げなどしないから、どこからでもかかってきたまえ!

大投資戦inビンジャラ

こんにちわ。リックです。


昨夜(3/2)は、オーストラリア南西部にある港街ビンジャラにて、大投資戦が発生しました。
PAとしまして、リスボンで予定していた勧誘活動を中止し、私掠チーム及び支援チームにて、
総勢6名で参戦してまいりました。
場所の不便さもあり、人が全然いませんでした。
また、PKKの方も、見受けられたのは、1名のみで、易々と活動をすることができました。、


結果は、イスパが漁夫の利を得る形となりましたね^^;

PAとしまして、総収奪益が、15M+戦利品60個でした。
若干、収奪金額に物足りなさは感じますが、イングの商人を封鎖し、
効果的な投資をさせなかったことで、作戦成功としました。

また、フランス国の議長から、TELLをいただきましたが、
元無差別と言う事もあり、発言の信憑性が問われるところは否めません。
フランス議長として、実績を積んだ上で、ポル議会への協定の申し込みを
していただきたいと思います。


アジアでの活動報告

こんばんわ。リックです。

2/28、29との活動になります。
活動場所は、28日がジャカルタ前
29日は、アンボイナ前でした。
競合相手もなく、まったり狩りできましたね。

成果は、69Mの収奪益でした。

詳細は、現金収奪が、48Mくらい
メイン帆:9個=16M
カロネ4基=1.5M
上納品:120個= 4.3M

最近の中華さんは、現金を800kくらい持ち歩いているので、3隻拿捕すると、
2.5M程度入ってきます。
これがおいしい。しかも上納品を使ってこない!
そして、28日は、31Mを持っていた方がおりましたので、
そちらが収入の50%ですね。

本日は、ポル模擬の日!
PAは、参加してまいりましょうー!
プロフィール

リック・ベル

Author:リック・ベル
サバ:能登鯖
国籍:ポルトガル
Lv:52/60/64
職業:フィリバスタ
商会:Million-Breaker(リスボン)
◆アピコメ◆
極悪な海賊です。
※リンクフリーです。

最近の記事
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー
02 | 2008/03 | 04
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
FC2カウンター
ブログ内検索
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。