スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第一勅命終了。

こんにちわ。リックです。


勅命と大投資戦と模擬で、ブログの更新が遅くなりましたw



まずは、勅命について、総括を書いてみようと思います。
我々PAの活動が、勅命到達に影響を与えたかと言う点ですが、
これは、失敗であったと思います。
少々、足止めが出来た点では、成功と言えるのかもしれませんが、
自粛し、支援チームも含めて、ひたすら勅命クエを行った方が、ポルの利益となったと思っております。
しかし、勅命を行っている人たちにとって、少しなりとも、
スパイスになったのではないかと思います。
また、負けた戦いも、組織的には少なくすみ、封鎖は長時間ありましたが、
個人別では、利益を上げた海賊が多かった点は、良かったと思います。
残念ながら、私個人は、大幅なマイナス収支で終了でございましたw

また、この勅命期間においても、PAに支援チームとして、1名の増員をすることが出来ました。
大変、ありがたいことでございます。
新規メンバーさん、今後とも、よろしくお願いいたします。

次に、大投資戦ですが、参加できる戦闘員が限られた中での戦いでした。
こちらは、大敗でしたね。
開始前に、イングPKを2度撃沈。
PKKを1度撃沈と、幸先のいい展開でしたが、開始時点でPKKされてしまい、
応援のPKKが展開する前に動けなかったのが、敗因として大きいと思います。
その後、封鎖を突破し、リマ沖と、陸沿いを注意しながらの狩りとなりましたが、
イングランドのPKK集団に遭遇してしまい、遭えなく撃沈。
逃走を試みるも、2回も沈んでしまいました。
まさに完敗です。


トータルで個人的には、マイナス収支で終了となりましたが、
良いところを探してみますと、この出資は、お金では築くことのできない団結を、PAに齎しました。
様々な方から、応援やご指摘をいただいておりますが、何分、現場主義の海賊集団でございますので、ご希望にそぐわない場合が、多々あると思います。

また、海賊団ですので、援軍が呼べない点や、青旗が相手に付くという点、賞金が高い点など、
リスク面が高いことを、おそらく知らない人は、TELL等から推察するに、まだ多いかもしれません。
新米の海賊ですら、こうしたリクスを知らずに、海賊を開始する方も中にはいます。
楽しそうというか、憧れというか、成りたい!という衝動的なものかもしれませんが、事実としてありました。


さて、本日より、また日常が戻ってまいります。
勅命を守る組織は、すでに、活動しないことを宣言しているようですね。
自分達の都合で、組織を作ったり、解散させたり、休止させたり、
いいご身分でございますね。
途中で辞めるなら、最初から、やらない方がいいんじゃないでしょうか。

PAは、ポルトガル第一の私掠集団として、今後も活発に活動を展開してまいります!
決意も新たに、極悪の限りを尽くし、世界の海を、恐怖で支配してやりましょう!

さぁ君も極悪の世界へ・・・!


※リアル優先ですけどねw
スポンサーサイト

勅命を妨害せよ!

こんにちわ。リックです。


一昨日より、大型UPに伴い、ついに勅命がスタートしました。
大いに盛り上がる中に、PAと言う名のスパイスを一つまみ。
皆様、いかがでございましょう?
楽しんでいただいておりますでしょうか?

日ごろから、追いかけられたり、交戦や封鎖されていない方は、ドキドキされているのではないでしょうか?
実戦は、いかがでございますか?
それぞれの組織に、様々なスタンスがあり、行動が伴う組織、伴っていない組織が垣間見え、
非常に面白いと思っております。
リアル都合も、当然ありますので、一概には言えないですがね。

ともあれ、水曜日の収奪利益は、個人で8M強の利益を出すことができました。
PAとしましても、初日だけで15~20Mの利益を出せたのではないかと推測しております。
※被害を相殺した推測です。
昨夜も、私はINできませんでしたが、レナス隊長を中心に、活躍しており
なによりでございます。


また、こうした活動が、勅命の達成度に、どう関わっているのか、見てみたいところでございます。
PAだけが要因ではないでしょうけど、なんらかの結果が出すことができれば、幸いですね。
目の前の戦闘も、楽しいですが、その向こう側にある影響力も楽しみといったところでしょう。
ぜひ、ポルトガルの方は、PAが活動している間に、また、イングランド私掠海賊が、自粛している間に、
勅命をやっていただければと思います。


さて、問題なのは、この勅命期間が、いつまで続くのか?でございます。
そして、勅命が終わった後、この期間の出来事が、どのように世界に影響を与えるのか。
すでに、イスパニアの方から、攻撃を受けております。
我々は、イスパニアの勅命を妨害していないにも関わらずです。
これは、いかがなものでしょうか。
また、Mだとか、六カ国PKKだとか、ごちゃごちゃしてて、わかりませんね。
誰がMで、誰が六カ国なのか、いちいち、アピコメなんて見ませんしね。
海賊は、旗を見て襲います。引き続き、イングとヴェネの方は、ご注意ください。



Chapter4「Inca」UP前夜

こんにちわ。リックです。


いよいよ、UPの日がやってまいりました。
海賊として、様々な変更点がございますので、まずは、検証などをしつつ、
今後の展望を考えていこうと思っております。


さて、先週末よりようやく装甲戦列に乗船可能となりましたので、
インドにて狩りを再開いたしました。
収奪利益は、3日間で、3M程度。
1回、舐めてかかった人の機雷が、思いのほか強く、板なしな私は、撃沈されてしまいましたw
いや、ほんと、油断大敵でございます。
おかげで、3日間の利益は、マイナスこそなかったものの、10Mが、3Mになってしまいました。
また、ディブにて、暴落調整のお手伝いをしたり、
生糸の購入を手伝わせていただきました。

そんな中、いつもと違和感を感じておりましたが、カリカットがネーデルランドの同盟港になっておりましたw
いやはや、ネーデルもなかなかやりますなぁ。
このUP前のなにやら、見えない駆け引きでしょうか。
アテネは、イングランドになり、アデンは、ポルトガルに・・・。
様々なところで、暗雲が立ち込めております。


全ては、UP後の南米の交易次第なのでしょうけど、
注目すべき投資戦ですね。


PAにもいよいよ転機となるUPでございます。
勅命は、私達海賊にとって、また、軍人にとって、
もっとも盛り上がる可能性があるイベントだと思っております。
皆様には、空気を読め!!っと、言われておりますが、
一世一代の花舞台でございます!
海賊らしく、極悪の限りを尽くし、世界を恐怖で支配してやろう!!
文句があるなら、戦場で、我々を止めてみてください。
大航海時代らしく、結果の見えない冒険を、共々に楽しもうではありませんか!!

六カ国協議会に対しての疑問


こんにちわ。リックです。

様々な疑問を感じたまま、誤解を受けるのは、PAメンバーに迷惑を掛けてしまいますので、
少々、説明をさせていただきます。

■疑問点①
まず、このPK及びPKK自粛ですが、勅命の達成度と大きく関わっていると感じる点です。
勢力的に、一番達成度が必要になるのは、ポルトガルです。
この自粛提案は、どこから出てきたのか解りませんが、イスパ、イングから出てきた話であれば、
ポルトガルは、鵜呑みにしてしまっては、おそらく、一番遅くに達成するのは、ポルトガルでしょう。
私掠として、少しでも、ポルトガルの為に尽力したとしたら、海賊の数から言っても、
少々、有利な状況が作れる可能性があると思います。
また、達成した国から、入稿許可が下りるのであれば、なんの障害もなく、
大国の人口比率が高い、イングランドが、一番最初に投資することになり、
港の取り合いに、有利な状況を作り出せるのではないでしょうか。


■疑問点②
アピコメに【勅命】と入れている場合のみ、イベント中と該当するようですが、
大体、海賊するのに、アピコメなんか、わざわざ見ません。
クリッパーであれば、見てる間に、逃げられてしまいかねません。
所詮、海賊を経験したことのない人の、戯言ですね。


■疑問点③
【勅命】と入れ忘れた人を襲ったとき、どう対応するのでしょうか。
当人同士で、話してください。と言うのが目に見えております。
また、違うことをしている人が、【勅命】とアピコメに入れている場合、
どうするのでしょうか。
ネデの無差別海賊コンビが、【勅命】と入れていたら、襲わないのでしょうか?
また、我々PAが、【勅命】と入れて、イングやヴェネのPKKの襲撃を受けないという保障は、ありません。
PKは、目立ちますので、確認をするでしょうが、PKKは、別に目立ちませんので、確認しきれないでしょう。
有名なPKKなら、確認するでしょうが、駆け出しのPKKさんなどは、この協議会があることも知らない人も多いと思います。
その際、撃沈してしまった場合、六カ国協議会は、海賊にどのような保障をしてくれるのでしょうか?




六カ国協議会の提案について、議論する前に、自国で検討すべき問題は、他にもあると思います。
勅命開始より、どのような運営で、自国の勅命をこなしていくのか。
上級者の判断でしょうが、できるだけ多くの人を集めて、勅命を行いたいのであれば、集合時間を打ち合わすとか
時間により、担当者を決めるとか、運用段階での話し合いが必要ではないでしょうか。
また、海事組織も、ポルには多数あるのですから、派遣を依頼するのもいいでしょう。


ともあれ、疑問①の内容が、自粛に踏み切れない一番の理由でございます。
ポルトガルだけが、損をする気がしてなりません。


私の意見は、以上です。


早朝のタイマン勝負

こんにちわ。リックです。


連続更新を今後も継続させるべく、本日もUPですw



昨日の日記の内容が、また、巷を騒がせておりますが、
勅命期間における、PAが取るスタイルは、変更ございませんので、ご了承ください。
敵国国民どもよ、震え上がるがいい!!


さて、話は変わりまして、現場にての話題です。
昨夜は、海事Lv上げ及び狩りをしておりました。
まだ、私、海事Lv63で、装甲にも乗れていませんw
8時ころより開始して、途中TELLやチャットが忙しくなり、
23時半に休憩と言って寝てしまいまして、そのまま放置・・・。

6時前に目が覚めまして、誰もいないとこで、海事上げをしておりました。

30分くらい経過したころでしょうか。
明らかに、PKKっぽい動きで、待たれておりまして、
資材、砲弾確認!
十分、戦えると判断し、タイマンへ!


朝も早くから、楽しいですね~w

相手は、装甲戦列!
こちらは、ご周知の通り、ノーマル戦列!!
しばらく、逃げとみせて戦いまして、機雷の巣を作成!
作業量が増えたところで、クリ!!っと思ったのですが、うまく回避されまして
ライン際で白兵に突入・・・。

相手は、けむり玉で攻撃力ダウンを狙ってきました。


こちらは、ひたすらジャンケン。
相手の戦術にカウンターが入り、形成有利に。
戦術連打で、最後は突撃で拿捕!!
名匠キャノンをいただきました^^v


ないわあwっと叫び、難破されましたねw
いやぁ、仕事前のタイマンで、テンションも上がりまして、
いい一日になりそうな予感を感じて出発することができました。
襲ってきてくれた方、ありがとうございました。


さて、今日も仕事を早く終わらせて、INできるように頑張りたいと思います。

6カ国協議からの提案


こんにちわ。リックです。


珍しく連続更新ですw



さて、タイトルの件ですが、7月23日より、Chapter4の開始に伴い、勅命の為に
勅命対象海域での私掠行為及び海賊討伐行為の自粛をしなさいと6カ国協議会より要請がございました。

ポルトガルの軍事団体は、ほぼ承諾しているようですが、
PAとしまして、上記内容の要請には、承諾しかねます。
どこの誰が、こんなことを望んでいるのか、わかりませんが、私は望んではおりません。

勅命は、各国が国として団結する為に必要なポイントだと思いますし、
こういう時こそ、海賊や軍人が、表舞台に出てこれる、最も重要なイベントだと思います。
苦労もせずに、銀行枠が増えたら、つまらないでしょう。

なので、敵国勅命艦隊を、襲撃したいと思います!!


スルーしたい人は、上納品でも用意しておいてください。


尚、対象国籍は、イングランド、ヴェネチアですので、それ以外の国の方は、ご安心ください。

PA進捗情報!

こんにちわ。リックです。

相変わらず更新が遅くて、申し訳ございませんw


さて、前回の日記で、かなりの反響をいただきました。
軍人の増員及び支援チームの充実も図ることができました。
誠に、ありがとうございます。
また、随時募集は行っておりますので、興味がある方は、お気軽にコメントをお寄せください。


では、増員の結果をご報告させていただきます。

■PA所属人数■
私掠:9名
私掠候補:9名
支援:15名
----------------------
計 33名


皆様のご支援により、ここまで大きな団体へと成長することができました。
誠に、ありがとうございます。



PAは、元々海賊団体でありましたが、イベリア同盟に矛盾を感じる人が多数おり、
その構造を変えたいと思うニーズの受け皿が、ポルトガルには、残念ながら、今はPAしかありません。


まだまだ、この活動に賛同してくれるポルの方が、きっと居るはずでしょう。
イベリア同盟に矛盾を感じるポルトガルの冒険家さん、商人さん。
まったりもいいですが、危険海域で、ドキドキワクワクしたい、あなた!!
共に、革命の幕を開こうではありませんか!!
海賊が嫌いな人は、参加できませんので、予めご了承ください。


■急募■
1、海賊さん募集中
2、大砲屋さん募集中(必須:名匠カロネ、名匠キャノンをリスに保有できる)
3、名工など、輸送してくれる人募集中(必須:銀行枠1個の提供)
※面接あり

性別、Lv、スキル不問です!
自分の思いだけで結構ですので、参加してみたい人、どしどしコメントなりTELLなりくださいませ。

多くのご応募、お待ちしております!

ポルトガル復興議会にて

こんばんわ。リックです。

本日、ポルトガル議会へ参加してまいりました。
議題に上げられたのは、イベリア同盟についてでした。

我々PAが、フランスを私掠対象としたことにより、ポルトガルとして議論をしなければならなくなったと言う事です。
ちなみに、前回のブログで述べたことが、対象とした理由です。
それに対し、反対意見としまして、今まで共に戦ってきたイベリアの仲間と言う意識が強いようで、
もはや、同志!とも言うべき存在なんでしょうね。

最後に、参加者で投票をした訳です。
結果は、以下のとおりです。

①PAはフランス国籍を対象にすることに賛成・・・5票
②          〃          に反対・・・38票
③保留                      ・・・9票

よって本件は、否決しました。

私としては、残念な結果であります。
しかし、ポルトガル全員に聞いた訳でもありませんしね。
一つの意見として、受け止めたいと思います。
ただ、あくまでも議会の判断ですので、今回のこの結果を見て、
フランスを私掠対象から外させていただきます。
短い間に、狩られた方、不幸でしょうが、ご了承ください。
許せない!!って狩られた方、どうぞ、襲ってきてもらって構いません。
お相手できれば、出来る限り戦いたいと思います。


あと一つ気になったことは、イスパ議会での話しです。
『イスパPKは、自国を襲わないので、議会としても、放置する方針です。』
の意味のようなことを述べていたようです。
これは、イベリア同盟の効果がないことを、露呈しているようにも受け取れます。
であれば、我々PAとて、ポルトガルを襲いさえしなければ、イスパもフランスも襲っていいという結論になります。
また、某商会さんの発言にも言及したいと思いますが、
イベリア系商会は、このイベリア各国を対象とした場合、その組織を襲うと言っていました。
であれば、リカオンさんやギャングスターさんも、襲いに行くべきだと思います。
果たして、リカオンさんやギャングスターさんは、討伐されたことがあるのでしょうか?
そもそも、襲い続けたら、討伐に行きますよ!って警告とか受けたのでしょうか?



もはや、イベリア同盟なんてものがあるから、このような矛盾を生み出すのではないでしょうか。
商会は商会。国は国と、ハッキリとコニュニティーを分けて考えるべきではないかと思います。


ともあれ、このような議論を展開したことにより、議会が活性化し、今まで話したこともない人と話す機会ができて、私個人としては、とても嬉しく思っています。
私は、アホですし、仕事もありますので、情報を常に掌握することができず、誤解を招いたりしやすいと思いますが、大航海時代オンラインは大好きですし、海賊業も好きです。
模擬も楽しいのですが、模擬よりも狩りが好きと言うのは、軍人では珍しいかもしれませんね。

航海中に、海賊が検索にかかり、ドキドキして航海していた思いも懐かしい思い出です。


ともあれ、このまま引き下がっては、海賊として名が廃ります。
幸いなことに、このブログも、カウンターが、グルグル回り、1万HITを超える日が来ました。
ありがとうございます。
ここで告知させていただきます。
我こそは、イベリア同盟に矛盾を感じる!と言う方、PAに入ってみませんか?
管理者だけへのコメントでも構いませんし、ゲーム内でTELLをくれても構いません。
新たな時代の夜明けを、共々に迎えようではありませんか!


Predator of Artemis
代表 リック・ベル




 

プロフィール

リック・ベル

Author:リック・ベル
サバ:能登鯖
国籍:ポルトガル
Lv:52/60/64
職業:フィリバスタ
商会:Million-Breaker(リスボン)
◆アピコメ◆
極悪な海賊です。
※リンクフリーです。

最近の記事
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー
06 | 2008/07 | 08
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
FC2カウンター
ブログ内検索
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。